実力確認コーナー

文中の【    】の中に入る適切な語句または数値を(1)から(4)の中から選びなさい。


問題: 第1問 ~ 第5問

1. 物質の温度が変化するときに使われる熱を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
2. 冷媒の【      】とは、この温度以上では圧縮しても凝縮が起こらなくなる限界の温度であり、この温度以上では、気体と液体の区別がなくなり相変化も生じない。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
3. アンモニアを冷媒として使用する吸収冷凍装置では、【      】程度の低温を得ることができる。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
4. オープンタイプのショーケースでは、熱侵入を防止する装置として【      】を用いている。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
5. 飽和蒸気と飽和液が混った冷媒の状態を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  

問題: 第6問 ~ 第10問

6. 冷媒を利用して物を冷やす代表的な冷凍装置には、蒸気圧縮冷凍装置、吸収冷凍装置などがあり、これらはいずれも冷媒の【      】の潜熱を利用したものである。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
7. 定圧比熱と【      】との比を比熱比をといい、比熱比の大きな冷媒は圧縮機の吐出しガス温度が一般に高い。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
8. 冷凍設備特有の制御機器として必要な6種の機器は、【      】、冷媒圧力調整弁、圧力保護スイッチ、サーモスタット、制水弁と断水スイッチ、ガス漏洩検知警報装置である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
9. 一酸化炭素濃度の人体への影響で、2~3時間以内で前頭に軽度の頭痛を起こす濃度は、【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
10. 空調方式は、利用する熱媒によって分類するとつぎの4つに分類できる。すなわち、全空気方式、全水方式、冷媒方式、【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  

問題: 第11問 ~ 第15問

11. 吸収冷凍装置の駆動源は【      】であり、これを再生器に加えることにより低温を得る。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
12. 標準大気圧の値は、SI単位で表すと【      】である。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
13. 高圧ガス保安法では、高圧ガスを「常用の温度でゲージ圧力が【      】以上になる圧縮ガス、または温度35℃においてゲージ圧力が【      】以上となる圧縮ガス。常用温度で圧力が0.2 MPa以上の液化ガス、または温度35℃以下でゲージ圧力が0.2 MPaになる液化ガス。」と規定している。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
14. 溶液を冷却していくとき、水と溶質が同時に析出する温度を【      】という。 
   (1)   (2)   (3)   (4)  
15. 水を冷媒として使用する吸収冷凍装置では、最低【      】程度の冷水を得ることができる。 
   (1)   (2)   (3)   (4)