日本冷凍空調学会論文集 VOL.16 No.1~3 総目次

論文番号
題 目
執 筆 者 Vol. No. ページ 発行
年月
研 究 レ ビ ュ ー
R1 氷の融解・水の凍結過程に関する分子動力学法による最近の研究
第1報:水/氷の挙動に焦点を当てた分子動力学法に関する最近の研究
姜 採 東・大河 誠司 16 1 1 1999年
3月
R105 氷の融解・水の凍結過程に関する分子動力学法による最近の研究
第2報:氷の融解・水の凝固に関する分子シミュレーション
姜 採 東・大河 誠司 16 2 1 1999年
7月
R195 自然冷媒システムの技術開発動向 原 利次 16 3 1 1999年
11月
論 文
P11 ランキンサイクル駆動空調システム 長友繁美・山口広一・服部仁司・二村元規 16 1 11 1999年
3月
P23 非接触式静電容量センサーによる食品の品質評価
第1報:凍結解凍における静電容量と温度の関係
成宮正興・羽倉義雄 16 1 23 1999年
3月
P37 加熱構造面に沿う液膜流の沸騰熱伝達に関する実験的研究 廣瀬宏一・水野逸夫・中田大介・大内雅樹 16 1 37 1999年
3月
P47 MH(金属水素化物)を用いた小型冷凍システムの開発
第1報:MH冷凍システム詳細決定及び
MHhigh(Ti0.18Zr0.84Cr1.0Fe0.7Mn0.3Cu0.057)の水素化反応機構
裴 相哲・小川真人・勝田正文 16 1 47 1999年
3月
P59 スクロール膨張機
第1報:運転条件が性能特性へ及ぼす影響
長友繁美・大高敏男・森嶋 明 16 1 59 1999年
3月
P67 LiBr+LiI混合水溶液の水蒸気吸収熱伝達特性 辻森 淳・尾崎永一・中尾一成 16 1 67 1999年
3月
P77 ハーベスト氷を高密度充填した氷蓄熱槽の解氷特性
大平明義・梁取美智雄 16 1 77 1999年
3月
P89 音速測定による混合冷媒の気相域における熱力学性質に関する研究 宝積 勉・佐藤春樹・渡部康一 16 1 89 1999年
3月
P97 矩形容器内における水-微粒子懸濁液の自然対流
-温度差および粒子径分布の影響-
岡田昌志・大山和也・姜 採 東 16 1 97 1999年
3月
P115 Experimental Analysis on Centrifugal Chillers under Cycling Operation Mode Ting MU-MIN 16 2 11 1999年
7月
P123 スクロール膨張機
第2報:膨張機の内部損失
長友繁美・大橋敏男・森嶋 明 16 2 19 1999年
7月
P133 A Thermodynamic Property Model for R125/143a Mixtures Based on a New Cubic Equation of State Heng-Liang ZHANG・Satoru TADA・Koichi WATANABE 16 2 29 1999年
7月
P141 水の過冷却解消に及ぼす超音波の影響に関する研究 宝積 勉・齋藤彬夫・大河誠司・松井龍之 16 2 37 1999年
7月
P147 超音波の影響による過冷却水の凝固メカニズムに関する研究 宝積 勉・齋藤彬夫・大河誠司 16 2 43 1999年
7月
P157 二酸化炭素排出抑制下の熱の多段利用システムにおける冷凍空調機器の評価 島崎洋一・秋澤 淳・柏木孝夫 16 2 53 1999年
7月
P167 熱源水中を降下する非水溶液性高密度液滴の微細化法として 金網を利用した場合の液直接熱交換の促進に関する基礎研究 稲葉英男・堀部明彦・横山直樹・春木直人 16 2 63 1999年
7月
P177 冷媒の水平平滑蒸発管内熱伝達係数の予測式の修正 森 英夫・吉田 駿・柿本益志・大石克巳 16 2 73 1999年
7月
P189 クロス溝付管による非供沸混合冷媒の伝熱性能向上
第1報:凝縮実験結果
内田麻理・伊藤正昭・鹿園直毅
畑田敏夫・工藤光夫・大谷忠男
16 2 85 1999年
7月
P207 液相流動床による伝熱管周りへの着氷制御 橋詰健一・松江孝博 16 3 13 1999年
11月
P213 炭化水素系冷媒が家庭用冷蔵庫庫内へ漏出した場合の危険時間の予測 目黒貴敏・梶 信藤・三宅圀博 16 3 19 1999年
11月
P221 大気汚染による冷却塔水のMアルカリ度の中和量 酒井康行 16 3 27 1999年
11月
P229 代替冷媒環境下におけるコンプレッサ材の摩擦磨耗特性に及ぼす冷凍機油添加剤の影響 山口英宏・今井八郎・山本哲也・山本 勉・植木 裕・滝沢貴久男・福島清司 16 3 35 1999年
11月
P239 静電容量センサによる冷凍機油中の冷媒濃度の測定 福田充宏・柳沢 正・小木康博・田中順也 16 3 45 1999年
11月
P249 食品と生物体への低温技術の利用
非定常プローブ法による複合材料の温度伝導率測定の研究
第2報:測定の適用性拡張の試み
佐伯幸弘・山田悦郎・小野江孝裕 16 3 55 1999年
11月
P257 食品と生物体への低温技術の利用
凍結魚肉の引っ張り破壊挙動の筋繊維配向角度依存性に関する研究
羽倉義雄・岡本 清・鈴木寛一・久保田清 16 3 63 1999年
11月
P263 食品と生物体への低温技術の利用
食品や生体の冷凍を目的とした誘電加熱における氷の誘電損失特性
白 香蘭・白樫 了・西尾茂文 16 3 69 1999年
11月
P273 食品と生物体への低温技術の利用
ミソペーストの凍結乾燥条件と移動物性値に関する研究
上西浩史・荒木徹也・相良泰行 16 3 79 1999年
11月
P283 食品と生物体への低温技術の利用
生体組織の凍結・融解過程における三次元微視的構造の詳細
(共焦点レーザー走査顕微鏡を用いた実時間計測)
石黒 博・堀水 貴・片折暁伸・梶ヶ谷博 16 3 89 1999年
11月

論文総目次へもどる

日本冷凍空調学会 トップページへ
All Rights Reserved, Copyright (C) 1997-2004, JSRAE