HFC系冷媒定数の標準値
  冷凍保安規則及び冷凍保安規則関係例示基準において、
設計圧力・安全弁口径算出用係数など、冷媒ごとに定められた定数があります。
新しい冷媒などで、この定数が記載されていないものについては計算方法が示されています。
この定数を冷媒物性から算出して、下記関係団体でとりまとめて2001年に公表した標準値を掲載します。
(2013/3/27追加更新)
 
 関係団体: (一社)日本冷凍空調工業会、高圧ガス保安協会、日本フルオロカーボン協会、(公社)日本冷凍空調学会

冷凍保安規則と関係例示基準における冷媒定数の標準値
1.管理番号 ※1)  R 32   R 125  R134a R143a R404A R407A R407B R407C R407D R407E R410A R410B R507A R1234yf R1234ze(E) R245fa
2.冷凍能力算出C値
@気筒体積5000cm以下
5.2
7.8
14.4
7.8
8.2
9.3
8.6
9.8
11.3
10.1
5.7
5.7
8.0
14.7
19.7
71.1
A気筒体積5000cm3
4.8
7.3
13.5
7.3
7.7
8.7
8.1
9.2
10.6
9.4
5.3
5.4
7.5
13.8
18.4
66.7
3.飽和圧力(設計圧力)(MPa) ※2)                                
低圧部                 38℃
2.26
1.82
0.87
1.65
1.64
1.65
1.74
1.56
1.33
1.51
2.21
2.19
1.68
0.87
0.63
0.14
高圧部                 43℃
2.57
2.06
1.00
1.87
1.86
1.87
1.98
1.78
1.51
1.72
2.50
2.49
1.91
1.00
0.73
0.18
50℃
3.04
2.44
1.22
2.21
2.21
2.22
2.34
2.11
1.81
2.05
2.96
2.94
2.26
1.21
0.90
0.25
55℃
3.42
2.74
1.40
2.48
2.48
2.50
2.63
2.38
2.04
2.30
3.33
3.31
2.54
1.37
1.03
0.30
60℃
3.84
3.07
1.59
2.78
2.78
2.80
2.94
2.67
2.29
2.58
3.73
3.71
2.85
1.55
1.18
0.37
65℃
4.29
3.44
1.79
3.10
3.11
3.12
3.29
2.98
2.57
2.89
4.17
4.14
3.18
1.74
1.34
0.44
70℃
4.78
2.02
3.47
3.65
3.32
2.86
3.22
1.95
1.51
0.51
4.安全弁口径算出C1値 ※2)                                
高圧部                 43℃
1.68
2.11
1.80
1.96
1.98
1.70
1.85
1.65
1.65
1.63
1.85
1.86
2.01
1.97
1.84
1.75
50℃
1.55
1.94
1.63
1.80
1.82
1.56
1.71
1.52
1.51
1.49
1.70
1.71
1.85
1.79
1.66
1.48
55℃
1.46
1.83
1.52
1.70
1.72
1.47
1.61
1.43
1.42
1.41
1.60
1.62
1.75
1.68
1.55
1.36
60℃
1.38
1.73
1.43
1.61
1.62
1.39
1.52
1.35
1.34
1.33
1.51
1.53
1.65
1.58
1.45
1.22
65℃
1.31
1.64
1.35
1.52
1.54
1.32
1.44
1.28
1.27
1.25
1.43
1.44
1.56
1.49
1.36
1.12
70℃
1.24
1.27
1.25
1.37
1.21
1.20
1.19
1.41
1.28
1.04
5.安全弁口径算出C3値 ※2)                                
低圧部                 38℃
5.72
8.27
9.43
7.80
8.02
7.30
7.66
7.28
7.75
7.27
6.46
6.58
8.03
10.18
11.07
20.9
43℃
5.51
8.09
8.94
7.56
7.78
7.03
7.40
6.97
7.42
6.96
6.27
6.37
7.81
9.67
10.43
18.6
50℃
5.30
7.99
8.30
7.34
7.54
6.72
7.17
6.64
7.00
6.59
6.10
6.21
7.59
9.05
9.60
16.0
55℃
5.20
8.12
7.91
7.28
7.49
6.56
7.09
6.45
6.77
6.41
6.05
6.18
7.56
8.71
9.13
14.8
60℃
5.15
8.61
7.60
7.34
7.58
6.47
7.13
6.32
6.59
6.26
6.13
6.28
7.70
8.41
8.70
13.4
65℃
5.20
7.35
7.66
7.97
6.46
7.36
6.25
6.45
6.15
6.45
6.68
8.26
8.18
8.33
12.5
70℃
5.41
7.13
6.58
8.15
6.27
6.39
6.13
8.01
8.04
11.7
※1)[管理番号] [冷媒の成分] [成分比 質量%]
R 32 :HFC32 (100)
R 125 :HFC125 (100)
R 134a :HFC134a (100)
R 143a :HFC143a (100)
R 404A :R 125/143a/134a (44/52/4)
R 407A :R 32/125/134a (20/40/40)
R 407B :R 32/125/134a (10/70/20)
R 407C :R 32/125/134a (23/25/52)
R 407D :R 32/125/134a (15/15/70)
R 407E :R 32/125/134a (25/15/60)
R 410A :R 32/125 (50/50)
R 410B :R 32/125 (45/55)
R 507A :R 125/143a (50/50)

出典:算出値は、日本冷凍空調学会発行の「HFC系純粋および混合冷媒の熱力学性質」 (初版:1998年5月26日)の物性値を基に算出した。

※2)高圧部および低圧部設計圧力は、3項に示す温度に相当する飽和圧力 (非共沸混合冷媒ガスにあって、気液平衡状態の液圧力) とすることが望ましいが、中間温度を採用する場合は、 表の圧力値から内挿することとする。